書道教室墨庵で心がけている幼児のお稽古

カテゴリー 天風の思うがままに

文字を上手に書くにはまず手指が自由に思い通りに動くように訓練を積み重ねます。3歳から6歳頃の手指は自分の思い通りに動かすというのは非常に難しいことで特に最近は生活の変化により蛇口をひねる、雑巾を絞る、ネジを回す等の手指を動かすことが少なくなってきているのが現状です。そのため、大きくなってもお箸を正しく持てなかったりしています。

また、勉強するためには記憶力が重要なカギになりますが、書道も同じことが言えます、手本や注意された箇所を記憶できなければなかなか上手くなりません。

目で見た手本⇒脳で記憶⇒脳から手指の指令を出す⇒伝達された情報を書き写す

まさにコンピューターそのものです。

手本を正確にスキャン⇒メモリーに記憶⇒プリンターに出力する    まさに同じです。

でも、手本がなくても上手にかけるのは?

先ほど申し述べたことを考えてください、「メモリーに記憶」、そうです書道も脳の記憶容量が十分でないとお稽古中は上手に書けても時間が経ち手本がなくなると記憶した手本を忘れてしまって上手に書けないということが多々あります。

当書道教室では3歳から6歳頃までは、まず手指を思い通りに動かせるようにする練習に多くの時間を使います。その運動や訓練は脳の発育にとても重要だと考えております。そして、小学生になったらお箸の正しい持ち方の練習も徹底的に行います。正しいお箸の持ち方をしてお箸を使うだけで脳の大脳皮質がとてもよく活動すると言われています。お稽古の中でぬりえやお絵かきをしたりするのも効果があると考えております。(宮田天風、葉風は約20年にわたり一貫してこの教育方針で子供たちの書道指導をしております)

また小学校就学前には級位の取得を始めますのでご心配なく。(個人差がありますので時期は異なります)

将来大人になっても綺麗な文字がかけるようにと考えるならばまずは手指の訓練をしっかりしておくべきと考えております。

                                                                      

                                                                      書道教室 墨庵 代表 宮田天風

12月23日 誕生日

カテゴリー 天風の思うがままに

 天風、5才ごろかなぁ
“シェー”



今日は私が生まれて半世紀の日
そうです!今日でめでたく50歳を迎えることができました。
振り返っても駄目だなぁ~と思うことばかり・・・
あらためて工事現場の塀に書いた自分の詩を見に行きました。
人生の折り返しはとっくに過ぎている、
生かされている時を大切にしっかり生きる!



今日より私、50歳の青年です(^O^)

今後とも何卒よろしくお願申し上げます<m(__)m>

絆命~いのち つなぐ~

カテゴリー 天風の思うがままに

5月13日(金)
朝9時半から書道会館のすぐ側の工事現場の囲い壁に詩を書かせて頂きました。
ぶっつけ本番、一発勝負! 縦1,9m、横11mの特大の作品です!
白の鉄板にペンキで書きました。


絆 命~いのち つなぐ~

「君は 今日を無駄に 生きていないか
君が何げなく 生きた 今日を
ただ生きたいと
願って 願って 願っても
叶えられなかった 人もいる
今を大切に
生きている 理由は
必ずある」

                         天風



ご協力、応援頂いた方々に感謝申し上げます。
工事が終わるまでの間ですので、早めに見に来て下さいね。

15世 藤野雲平さん

カテゴリー 天風の思うがままに

7月15日 巻き筆の匠 藤野雲平さんにお会いするために滋賀県高島市安曇川へ。

天風の企画した「巻き筆筆づくり研修会」です。

新しい生命 つなぐ心

カテゴリー 天風の思うがままに

以前、書道を習っていた生徒が久しぶりに教室に来てくれた。

私に習っていたのは確か小学生の時・・・

2010年のテーマ 『こころ』

カテゴリー 天風の思うがままに

昨年のテーマは「人」

2010年のテーマは『こころ』に決めた。

今年は我こころに湧き上がる思いを書き綴っていこうと思う。誰に左右される事無く、自分の信じる道、自分の目標に迷うことなく真っ直ぐ進むと心に決めた。

2010年 新年にあたり

カテゴリー 天風の思うがままに

2010年新年が始まりました。念頭にあたりというのもなんですが、今年はNHKがドラマ「とめはねっ!」が放送、書道ガールという映画もあるそうです・・・
書道がブームになるかもしれない、しかし、ブームは良いことばかりではないだろうと思う。


 

お問い合わせはこちらです。 06-6696-0023 ※FAXも同じです。 お問い合わせフォーム

ペ-ジのトップへ